「詳細 日本のがん統計」小児がん版を世界に向け発信!
確かで効率の高い小児がん治療開発を目指し、日本の小児がん情報を世界で共有。日本語ページ、勿論、あります。
 
文献副標目

 
副標目はキーワードが文献中どのように記述されているかを示す分類語です。副標目についての詳細は特定非営利法人 医学中央雑誌刊行会ホームページをご覧下さい。

 
 
小児がん
小児がんに関する総文献58222報(1983~2009)における文献副標目の分類と割合を表します。小児がんでは、外科的療法に関連した文献の占める割合は15.2%で第1位です。合併症、診断に関連する文献が外科的療法に続き、薬物療法に関連する文献は全文献の11.9%で第4位です。また、薬物関連の副標目である治療的利用は第5位です。総合的に治療関連、病因関連(合併症)の文献が上位を占め、薬物療法はその後に続きます。

関節リウマチ
関節リウマチに関する総文献59549報(1983~2009)における文献副標目の分類と割合を表します。関節リウマチでは、治療的利用に関連した文献の占める割合が24.2%で第1位です。薬物療法、合併症に関連する文献が治療的利用に続き、外科的療法が19.1%で第4位です。薬物関連、病因関連(合併症)、治療関連の文献が上位を占めています。

高脂血症
高脂血症に関連する総文献28530報(1983~2009)における文献副標目の分類と割合を表します。高脂血症に関する文献では、治療的利用に関連した文献の占める割合が25.9%で第1位、第2位に薬物療法(24.9%)、第4位に血液(17.2%)と、薬物関連の文献が上位を占めています。予防に関連する文献、実験的文献がそれぞれ8.2%(第9、10位)を占めている特徴を示します。

Copyright 2010-2017 HakaseTaro, Inc. All rights reserved.
サイトポリシー