「詳細 日本のがん統計」小児がん版を世界に向け発信!
確かで効率の高い小児がん治療開発を目指し、日本の小児がん情報を世界で共有。日本語ページ、勿論、あります。
 
小児がん治療薬 ~関節リウマチ、高脂血症治療薬との比較~

販売医薬品数の比較

小児がん、関節リウマチ、および高脂血症治療薬の販売製剤数と薬効主成分数、および製造販売元企業数を表します。各数値は、2010年10月調査時点で販売される治療薬の医薬品添付文書の記載をもとにしてあります。小児がん治療薬は腫瘍用剤中、添付文書の“効能又は効果”に小児の腫瘍の記載、または“用法及び用量”に小児に対する使用方法の記載がある添付文書を採用しました。

関節リウマチおよび高脂血症治療薬との比較理由は小児がんに関する掲載論文 のページをお読み下さい。

 
 

小児がん、関節リウマチ、高脂血症治療薬:薬効主成分分類による累積販売数


販売治療薬を薬効主成分で分類した販売数年次累積を示します。2010年10月時点の薬効主成分数は、小児がん治療薬:16、関節リウマチ:82、高脂血症治療薬:25種類。

小児がん、関節リウマチ、高脂血症:製剤分類による累積販売数


2010年10月時点の製剤総数は、小児がん治療薬:65製剤、関節リウマチ:479製剤、高脂血症治療薬:267製剤でした。関節リウマチ治療薬は1950年から販売されています。小児がん治療薬は1963年、高脂血症治療薬は1967年から販売されています。

一つの薬効主成分から販売されている平均製剤数


関節リウマチ治療薬は一つの薬効成分から平均5.8 製剤が製造販売、高脂血症治療薬では一つの薬効成分から平均10.7 製剤が製造販売されています。小児がんに適用できる治療薬では一つの薬効成分から平均4製剤が製造販売されています。

製剤数と比較研究


比較研究は、医薬品の効果や安全性を検討するため、ヒトを対象に実施される試験です。比較研究に関連する文献の掲載数は、薬効主成分と相関します。上のグラフは、小児がんでは比較研究を実施する医薬品数が極めて少ないこと、と解釈できます。

Copyright 2010-2017 HakaseTaro, Inc. All rights reserved.
サイトポリシー