「詳細 日本のがん統計」小児がん版を世界に向け発信!
確かで効率の高い小児がん治療開発を目指し、日本の小児がん情報を世界で共有。日本語ページ、勿論、あります。
白血病
~ 平成20年度年度小児慢性特定疾患治療研究事業患者登録 ~
 
小児慢性特定疾患治療研究事業 (小慢)における平成20年度悪性新生物患者登録による小児悪性新生物総登録患者数は12,802人です。12,802人中、白血病の登録患者数は4551人、全登録悪性新生物患者の35.6%を占めています。小慢制度利用者のうち、新規登録はおよそ14%(317人)です。従って、平成20年度における小児白血病の罹患率は1.4人(20歳未満人口10万人あたり)、治療中の患者数を含めた小児白血病患者数が4551人でした。

小慢制度小児白血病登録患年齢より、日本の小児白血病は3歳前後で最も多く発症することが示されます。

白血病の分類では、急性リンパ性白血病が圧倒的に多く、白血病の73.7%を占めています。2番目に多い白血病は急性骨髄性白血病で、白血病の20.1%を占めています。慢性骨髄性白血病は、白血病の3.2%です。

(2016年1月31日追加記載)
 
悪性新生物登録中、白血病の占める割合 登録白血病の分類
   

急性リンパ芽球性白血病 (2016年1月31日掲載)
   

白血病 (2016年1月31日掲載)
 



当サイトで紹介している文献、掲載されているグラフ、数値テーブルなど必要な方、ご遠慮なくご連絡ください。
 
Copyright 2010-2017 HakaseTaro, Inc. All rights reserved.
サイトポリシー